現在、noteでコラムを更新中

看護師教育は、新人看護師に興味を持つところから始めよう

新人看護師への理解

この記事は、新人看護師の教育担当として初めてプリセプターを任された看護師、また教育委員などプリセプターを指導する立場にある方を対象に書いています。

 

新人看護師教育と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
指導方法でしょうか、技術の教え方でしょうか、それともメンタルサポートでしょうか。

一番基礎となるのは「自分が教育する新人看護師を理解すること」だと私は思います。

これは看護業界で俗にいう、「レディネスに合わせて教える」ということですが、実はそのレディネスをどのように捉えて理解するか、ということは意外と教えてもらえません。

 

今回は新人看護師を正しく捉え、理解する方法として、4つの記事に渡り解説していきます。
4つの記事については、以下のような構成です。

始め方1 看護師教育は、新人看護師に興味を持つところから始めよう(今回の記事)

始め方2 相手との距離を縮める

始め方3 得意・不得意を捉える

始め方4 他人から見た対象の情報を集める

新人看護師に興味を持つ、が今回のテーマです。

みなさんは、あなたが教える新人看護師について興味ありますか?
興味を持って接していますか?

この記事では、新人看護師に「興味もってるよー!」という人も、「あんまり興味ないかも、というか嫌いかも」という人も、なぜ新人看護師を理解する際に「興味を持つこと」が重要なのかがわかります。

プリセプターをしていると、上司に「興味をもって新人と接しなさい」と言われることもあるかと思います。しかし、どうしたらいいのか分からないプリセプターさんも多いと思います。

この記事を読めば、「新人看護師に興味を持つって具体的にはどういうこと?」がポイントを押さえてわかります。是非この視点をもって、新人看護師を観察してみてください。

新人看護師に興味を持つ方法

この記事では新人看護師に興味をもち、どんな人なのか相手の理解を深める方法を解説します。

方法1 新人看護師と自分を比較し、似ている点、違う点を見つける

方法2 新人看護師の違和感ポイントを見つける

方法3 新人看護師の言葉と行動の傾向を見つける

具体的な方法を3つ、詳しくご紹介しますね。

 

方法1 新人看護師と自分を比較し、似ている点、違う点を見つける

自分を基準として新人看護師を比較して見ると、相手をとらえやすくなります。

「興味を持つ」という意識だけだと、なかなか難しものです。
何故かというと、人間は比較対象がないと簡単には客観的評価がしにくいから。

一番身近な人間、「自分だったら」で捉えてみると、相手との共通点・相違点がはっきり見えてきます。

新人看護師をとらえる目安を持つことにより、興味をもって新人看護師を観察することができるんです。

 

例えば、看護業務が込み合って忙しい時。
自分が新人看護師だった時は、どう対処していたか思い出してみましょう。

自分が新人看護師の頃は「先輩看護師が怖くて、困っても誰にも相談できなかったなぁ」と思いだしたとします。
では、自分が教育している新人看護師はどうでしょうか、自分と同じく「言えずに困っている」人かもしれませんし、「困っています」と報告できる人かもしれませんね。

この「自分と相手は違う」とか「自分と一緒」という視点で見れるのが大事です。

「自分だったらこうするのに、この新人看護師はどうしてしないんだろう?」という視点で見てしまうと、どうしてもネガティブな感情で見てしまいます。

人はそれぞれ違いますし、違っていいんです。
ここを否定してしまうと、教育がとてもつまらないものになってしまいます。

自分と違う人間を、どうやって教育すれば上手くいくのか?
この視点で物事をとらえると、教育は面白くなります。

自分と新人看護師との共通点があれば「自分が新人看護師だった時はこうしたよ」と実体験のアドバイスをすることができます。共通点の強みですね。

 

ここで大事なのは、新人看護師の時の自分と比較することです。
成長した今の自分と比較してはいけません。

今の自分が易々やすやすとできることでも、新人看護師の頃の自分は出来なかったはずです。
特に「問題を解決する」や「先輩に話しかける」など、経験したからこそ簡単に出来るようになったことを、新人看護師と比較しても意味がありません。

何に対しても無力だった新人看護師の頃の自分と、目の前にいる新人看護師を比較してみてください。より興味をもって相手を見ることが出来るようになりますよ。

 

方法2 新人看護師の違和感ポイントを見つける

「なんでこうなんだろう?」「なんかおかしいような…」という違和感ポイントは、あなた自身が自分にとって、その情報が重要であることを知らせています。

新人看護師の報告が、自分が思ったタイミングよりもちょっと遅れてるとか、毎回同じ部分でミスがあるとか…。

そういう些細なものが、実は意外と重要な情報だったりすることがあります。

そういう違和感ポイントを積み重ねていくと、その新人看護師の根底にある重大な問題点に行きついたりすることがあるんです。

この違和感ポイント、単に問題がある部分だけに限りません。

例えば、特定の日は早く来るとか、1週間に1回は反応が悪い時があるとか、一緒に過ごしているとそのような傾向が見えてくるときがあります。

私も実体験として、こんなことがありました。いつもはちゃんと出来るのに、最近様子がおかしいスタッフに話を聞くと、「実は家族が病気になって…」など、問題を抱えながら働いていたりすることがあります。

仕事は仕事、私情を仕事に持ち込むな、という時代はもう古いです。
新人看護師のライフスタイルに沿った指導をするのも、私たちの役割になりつつあります。

 

このような、様々な違和感ポイント。患者さんへの看護の場面でも、「今日の様子、ちょっとおかしいな?」というものが、急変に結びついたりしますよね。

私たち看護師は、「なんかいつもと違う?」という異変に普段から気を配りながら働く職業です。

是非その力を、新人看護師にも発揮してみてください。
いつかその情報が、プリセプターである、あなたの為に役立つ日が来ます。

 

方法3 新人看護師の言葉と行動の傾向を見つける

人の性格は、言葉と行動に反映されます。

人は育ってきた環境によって、性格が形成されると言われていますよね。
しかし、新人看護師に「あなたはどういう環境で育ってきたの?」と聞くのはなかなか難しいものです。

そこで見るべきなのは、言葉と行動です。特に口癖や、咄嗟に出る行動が、その人の性格や精神状態を表していることがあります。

 

ここで大事なのは行動を観察することであって、観察から得られた結果を勝手に決めつけて、頭ごなしに叱ったり、人格批判をしたりしては決していけません。

私の職場にも、言葉尻がぶっきらぼうで口調が強い看護師がいます。
私は彼女に「なんて横柄な態度を取る人なんだろう、嫌いなタイプだな」と思っていました。

しかし、よくよく話を聞いてみると「過去の失敗を引きずる繊細な心の持ち主」であることがわかったんです。彼女の強い口調は彼女なりの防御だったんですね。

このように一見して攻撃的に見える人も、裏を返せば他人からの攻撃におびえている人だということがありました。

人は見かけによらないと言いますが、残念ながら人の評価は外見が9割でもあります。
話し方、言葉選び、表情、そういったものの情報を信じてしまう傾向にあります。

私たち教育をする立場の人間は、外見から得られる情報を収集することから始めます。
しかし、その情報に騙されないように注意してください。

患者さんで「頑固じじい」のような人が、実はすごく家族思いで恥ずかしがりや、なんてことも良くありますよね。それと一緒です。

 

まずは客観的な事実として、新人看護師の言葉選びや、よく見かける行動を観察しましょう。

まとめ

今回は、新人看護師に興味をもち、どんな人なのか相手の理解を深める方法を解説しました。

方法1 新人看護師と自分を比較し、似ている点、違う点を見つける

方法2 新人看護師の違和感ポイントを見つける

方法3 新人看護師の言葉と行動の傾向を見つける

「新人看護師に興味を持つ」と言われてもふわっとしていてわからなかったポイントが、少しは明確になったのではないかと思います。

是非面倒だと思わずに、新人看護師のことをもっと知ってみてください。

 

このサイトでは、指導者が辛くならないための看護師の育成についてまとめています。

もし指導に関してお悩みがあれば、お問い合わせフォームからご連絡ください。
一緒に楽しく、教育について学びましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました