「さくらこのお悩み相談室」を開設

「成長しない新人看護師」のプリセプターのストレスを解消する方法

プリセプターの辛いを解決

この記事は、新人看護師の教育担当として初めてプリセプターを任された看護師、また教育委員など教育の指導をする立場にある方を対象に書いています。

 

プリセプターは基本的に新人看護師を選べません。

そのため、「どんな子が来るんだろう?」「相性が悪かったら?」「やる気が無かったら?」など様々な不安を抱えながら業務を担うことになります。

そんな不安やストレスの一つが、今回のテーマである「新人看護師が成長しない…どうしよう?」という問題です。

 

この記事では、今後プリセプターになる予定の方、今現在「成長しない新人看護師」を受け持っている方が、自分ひとりでこの問題を抱えて辛くならない考え方をまとめました。

 

成長しない新人看護師を成長させる方法は、その新人看護師によって様々です。
ですのでこの記事では、新人看護師を成長させるための方法は載っていません。

この記事を読めば、自分が一人で「新人看護師が成長しない」という問題を解決しなくてはならない、と気負っているストレスの解消法がわかります。

新人看護師が成長しないのは自分のせいだと思って辛くなっている皆さん。
大丈夫、あなたのせいでは決してありません。

この記事を読んで、プリセプターの辛いを解消していきましょう。

 

「成長しない新人看護師」のプリセプターのストレスを解消する方法

プリセプターは様々なことが原因で、成長しない新人看護師を受け持つことによるストレスに晒されています。

それでは、このストレスをどのように解消したらよいのでしょうか?
この章では、成長しない新人看護師を受け持ったプリセプターの考え方と、周囲の人を活用することでストレスを解消する方法を解説します。

「自分の教育能力=新人看護師の成長」ではない

プリセプターの役割は新人看護師の相談役である

「新人看護師が成長しない問題」はみんなで解決する

ひとつずつ解説していきます。

 

「自分の教育能力=新人看護師の成長」ではない

成長しない新人看護師を受け持ったプリセプターは、「自分は教育が下手くそなんだろうか?」と落ち込みます。これがプリセプターの辛い原因の一つです。

しかし、果たして本当にそうでしょうか?

プリセプターが教育下手だから、新人看護師が成長しないのでしょうか?

人を教えるということは、絶対にこれが正しいというものがありません。
なぜなら全く同じ人間など、この世の中に存在しないからです。

Aというやり方が、全ての人に合うわけではないですよね。

教育は、試行錯誤の繰り返しです。
中には一般的に多くの人が成長できるやり方が、その新人看護師には合わないこともあり得ます。

ですから、新人看護師が上手く成長しなくても自分が悪いと落ち込む必要はありません。

新人看護師が成長しない理由は様々ありますが、プリセプターの教育レベルが低いからといって、予定スケジュールから遅れるほどの差は生まれないと私は思っています。

<新人看護師が成長しない理由の一例>

新人看護師の元々の資質が低い(一番多い理由)

・新人看護師が高次機能障害や発達障害など、何らかの問題を抱えている

・職場の教育スケジュールに問題がある

・元々の職場の教育レベルが低い

・職場の教育に対する興味関心が低い

もちろんプリセプターは、教育について勉強し(このサイトの記事を読むだけでも十分レベルは上がります)、その新人看護師にあった教育方法を模索していく必要はあります。

だからと言って、「新人看護師が成長しないのは自分の勉強が足りないからだ」と落ち込む必要性はありません。

新人教育において、プリセプターが責任を負いすぎて潰れてしまうのは一番望ましくない姿です。

 

「成長しないのは私の責任だ」と思うとストレスになってしまいます。

「自分の教育能力=新人看護師の成長」と考えるのではなく、「新人看護師が成長しない理由はどこにあるんだろう?」と様々な視点から客観的に捉えてみましょう。

 

プリセプターは新人看護師の相談役である

プリセプターの一番の役割は、新人看護師の相談役であることです。
これはとても大事な視点なので、教育で迷ったことがあったらこの言葉を思い出してください。

病院によって教育体制は様々ですが、新人看護師の教育は全てプリセプターが行うもの、と間違った認識が横行しています。

確かに、プリセプターになったからにはある程度マンツーマンで教える必要が出てきます。
その経験が、教育的な視点を養う上でとても役に立つでしょう。

しかしだからと言って、看護業務の全てをプリセプターが教える必要は本来全くありません

プリセプターは新人看護師が1年間成長する過程の中で、心のよりどころになる人であればいいと私は思っていますし、看護協会の教育研修でもそのように講義されています。

学校を卒業し、社会人として働き始めた新人看護師が、学校とのギャップを埋めて職業人として立派に成長するのをサポートする役割、それがプリセプターです。

プリセプターは、新人看護師が辛くなった時、疑問が出来た時、納得いかなかった時、いつでも気軽に話せる相手であってほしいと思います。

ですから、プリセプターは厳しい先輩である必要性はありません。
どんな時でも気軽に話せる相手であり、一緒に1年を乗り切る相棒、それが理想です。

「成長しない新人看護師を、なんとしてでも成長できる新人看護師に育て上げるプロフェッショナル」になる必要はありません

成長しない看護師を、めちゃくちゃできる看護師にするには、プリセプターだけが頑張ってどうこうできる問題ではないのです。

 

「なんとか成長できるようにしなくては!」と焦ってしまうと、ストレスになります。

成長しない新人看護師が相手であっても、あなたの役割は「一緒に1年を乗り切る相棒」ただそれだけ、と考えれば楽に考えられるでしょう。

 

「新人看護師が成長しない問題」はみんなで解決する

そもそも教育とはプリセプターがたった一人が頑張るものではなく、部署全体、病院全体で取り組むものです。

一人で解決できない問題は、他の人と相談しながら方向性を決めていくのも自然な流れだと思っています。

良く聞くのが、「新人看護師の問題をプリセプターにやらせないと経験にならない」という先輩看護師がいて、誰にも相談できずプリセプターが孤立してしまっているというものです。

「プリセプターがSOSを出して初めて困っていると気づいた」とか
「気づいた時には追い詰められていて、プリセプターや新人看護師が休職する事態になっていた」など。

残念ながらこういう話は、よくあります。

この記事を読んでいるプリセプターの皆さん。
新人看護師の問題を一人で解決しようと思ってはいけません。

新人看護師の問題は、部署全体の問題です。
今までの教育方法でうまくいかない人というのは、数年に一人のペースで必ず出てきます。

そういう時、教育方針を変えようという決断をプリセプターが下すには荷が重すぎるし、決定権もないでしょう。

そういう時に動くべきは、上司、先輩、メンター、教育委員などの教育を担う経験者です。

「あの時はこういう風にしたら上手くいった」

「似たような事例を知っている」

「あの子には、この教育プランには無理があるかも」

そういう経験者的な視点で物事を見られる人の意見が、必ず必要です。

「教育が思ったようにうまくいかない」「自分の教育が悪いのかも」とつまづきそうになったら、周りの意見を聞く機会を設けてもらいましょう。

病院によりますが、プリセプター会といった話し合う場があれば、議題として提案するのが良いと思います。

もし規模が小さい病院でそのような会議が開かれない場合は、部署の上司やメンターなどに相談してみましょう。

新人看護師の教育は、プリセプターが一人で頑張るものではありません。
上手く他人の意見を取り入れて、プリセプターの一年を乗り切りましょう。

 

まとめ

今回は、成長しない新人看護師を受け持ったプリセプターのストレスをどのように解決するのかについて方法をまとめました。

①「自分の教育能力=新人看護師の成長」ではない

②プリセプターの役割は新人看護師の相談役である

③「新人看護師が成長しない問題」はみんなで解決する

の3つでした。

 

プリセプターの中には、「新人看護師の問題は全部自分が解決しなければ!」と責任を感じて誰にも相談できず、結果的に潰れてしまう人がいます。

責任感が強い看護師の特徴かな?とも思います。

記事中でも書きましたが、新人看護師教育は一人で頑張るものではありません。
成長できない新人看護師の教育的問題は、部署全体で解決する問題です。

そのことを、忘れないでくださいね。

もしこの記事を読んでいる教育担当者(メンター)の方がいたら、是非困っているプリセプターに手を差し伸べてあげて欲しいと思っています。

プリセプターと新人看護師を孤立させない教育が、日本全国に広がって欲しいです。

 

このサイトでは、プリセプターが辛くない新人看護師の教育についてまとめています。

もし教育に関してお悩みがあれば、お問い合わせフォームからご連絡ください。
一緒に楽しく、教育について学びましょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました